【税理士監修】自分が受け取っている個人年金は確定申告は必要?不要?控除があるのか?個人年金で確定申告が必要な際の申告書の書き方、必要な添付書類について。また確定申告をしないとどうなるか等、個人年金について不安を解消しましょう。

公的年金等を受け取ることになった時、どんな場合に確定申告が必要になるか知りたい人は多いのではないでしょうか。特に、公的年金等とあわせて個人年金も受け取る人は、確定申告が必要かどうか、必要な場合は自分がいくら所得税を払うかについても知っておきたいでしょう。 個人年金の確定申告の 書き方について 説明していきます。 スポンサードリンク 前回の記事の 続きになりますので、 前回の記事を見ていない方は こちらを見て下さい。 前回の記事 →個人年金の確定申告の書き方 4. この記事では、公的年金と個人年金を受給している方を対象に、確定申告書の書き方と記入例をご紹介させていただきます。公的年金だけ・個人年金だけを受給しているという方にも参考にしていただける内容となっておりますので、よろしければ是非ご活用下さい。 →個人年金確定申告の書き方【後編】 この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。 個人年金確定申告の書き方【後編】 個人年金【確定申告の入力方法】 個人年金【確定申告で控除を受ける】 個人年金【確定申告の証明書】 年末調整で国民年金控除の書き方; 個人年金の控除証明� 個人でご利用の方. 確定申告書を電子申告でご利用になる場合には、 「確定申告書等作成コーナー」から手続を行うことが便利です。 確定申告書等作成コーナーで手続を行う方はこちら. 確定申告書bがはじめてで書き方がわからない個人事業主向けに第一表と第二表の全項目の書き方をまとめました。2019年2月から3月に提出する平成30年分の確定申告に対応しています。サラリーマンの副業の場合は住民税の納付方法に注意が必要です。