皆さんは病院に行く際、健康保険証を持って行くと思います。健康保険証は、なんらかの公的保険に加入している証明です。しかし、この証明が使えない治療もあります。今回は、保険が適用しないケースをいくつかみていきましょう。
手術費用についてのページです。腰椎・頚椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、圧迫骨折など、手術による切開をできる限り小さくして、お体への負担が少なく、日常生活や仕事に1日でも早くお戻りになれる手術です。保険診療と自費診療の違い、医療費控除ついてもご説明しております。

保険証があれば、病院でどんな診療を受けても、保険が適用になると思っている人もいるのではないでしょうか。治療には保険がきかないものもあります。どんな治療を受けると保険適用外になるのか、確認しておきましょう。 保険適用外の手術はリスクも高い。日本肝胆膵外科学会の調査によると、肝臓の保険適用内の腹腔鏡手術は死亡率が0.27%だったが、適用外は1.45%。