続けて別のパソコンから共有フォルダにアクセスします。 アクセス権がかかった共有フォルダへアクセスする手順 上位階層のフォルダのアクセス権を現在のフォルダに継承し、更に下位階層のフォルダにも同じアクセス権を継承させる。 下のチェックボックスは自動的に外れるので、アクセス権が設定完了後は上のボックスのみチェックが付いた状態になって完了します。 アクセス権の種類 共有フォルダのアクセス権は[共有アクセス許可]と[ntfsアクセス許可]の2つの許可エントリのセットによって決定します。 [共有アクセス許可]はリモートアクセス時のみに適用され、[ntfsアクセス許可]はリモートアクセス、ローカルアクセス時に常に適用されます。 今まで、私自身が特に必要としていなかったので、フォルダのアクセス権に関しては、多少表示されていもスルーしていまし … Windows10の共有フォルダにアクセスできません。 本日の作業はAccessデータベースのクライアントを追加するときに、気付いたトラブルです。 Windows10の共有フォルダがいままでアクセス出来ていたのに、急に出来なくなるトラブルはまれにあります。 解説 ntfs上のファイルやフォルダには、サイズやアクセス権、作成/変更などの日付といった属性のほかに、「所有者」という情報が含まれている。 共有フォルダをアクセスする際のパスは以下の手順で確認できます. 共有タブをクリック; ネットワークパスを確認する . これでアクセス権の削除は完了です。 追加の時よりは、簡単ですね。 あとがき. 前編では、アクセスしにいくパソコンでの前準備と、アクセスさせるWindows 10側での準備をしていただきました。こちらの後編では、いよいよアクセス権を付けた共有の設定を進めていきます。 SMB送信する場合は、あらかじめパソコン側に設定されたフォルダに対してファイルを送信します。 ここでは、Windows XP Professionalで、SMB送信用のフォルダを作成し、共有フォルダとしてアクセスできるユーザを区別したい場合の設定方法について説明します。