最下位決定戦? 2014/12/16終了 ※旧Wikiリンク; 一番怖かった人形は? 2015/01/06終了 ※旧Wikiリンク; 好きな人形は? 2015/03/22終了 arフォトフレームのイベントへの活用事例・方法をご紹介。イベント限定のフォトフレームでキャラクターとの写真撮影を企画すれば、簡単にフォトスポットがつくれます。ユーザーの撮影した写真がsnsにアップされれば、イベントの拡散効果も期待できます。 近頃、「xr」という文字を目にすることが増えてきた。「arとかvrとかの新しいバージョン?」…ではない。xrとは、「vr」「ar」「mr」などの総称のこと。今回は新しい用語である「sr」に加え、「xr」について詳しく解説する。 デジタルコミュニケーションによる新しい顧客体験でエンゲージメントを生み出すプロモーションを。最新の空間認識型arという技術を利用し、現実世界でキャラクターと「会う」「話す」「一緒に遊ぶ」「デートする」体験が実現可能に。 そんなARで作り出したキャラクターでライブを行ったのが「AR performers」。同じようなデジタルキャラクターのライブといえば初音ミクが有名ですが、初音ミクのライブは完成映像データを再生するもの。いっぽう、「AR performers」のライブは“生”! 7月26日に発売予定の「まいてつ -pure station-」のARカメラアプリが登場しました。「まいてつカメラ」は同作品に登場するキャラクターをAR表示することが可能で、キャラクターを好きな位置に配置したり、一緒に写真を撮ることができます。 拡張現実(AR)で物語を伝えるiOSアプリ「Wonderscope」がリリースされた。画面をタップしたり、台詞を言ったりすると、キャラクターが反応する。 スマートフォンのゲームにはar(拡張現実)ゲームというものがありますが、ai(人工知能)を備えたar(拡張現実)ゲームができたら凄いですよね。目の前の現実の風景をゲームのキャラクターが駆け回り、そのキャラクターをあたかも自分が触っているかのように操る。